酉の市 第一号 無形民俗文化財指定 ※当社由緒書より抜粋
  
平成3年11月1日無形民俗文化財として登録されました。 【横浜市教育委員会】


当社の御祭神は天之鳥船之命の御名から宝を鳥船(鳳凰、即ちおおとり)で、とり十二子の酉をあてられ、酉の市は正しくは鳥街(とりまち)・酉の市ともお酉様ともいって大鷲神社の例大祭であります。
古、武将階級のみの祭りであった様ですが、この酉の市の祭事が商人や花街などの根強い開運守護神の信仰が深くなり、毎年11月の酉の日に盛んに斎行される様になりました。酉の市は12日目に1度巡ってくるので、年によっては2度、3度と行われる事になっています。
お酉様の熊手は酉(鷲トリ)が取るに通じ取る熊手というので福運をかき集める縁起から喜ばれ、熊手に開運守りをつけ鷲掴みという語源から更に大鷲づかみという縁起にもとづき掻き米(掻き込むの意味)として一般参拝者に授与されております。
毎年の例大祭には、神奈川県下よりの参拝者も多く、善男善女で賑わいを極め、独占的な横浜の初冬を告げる年中行事として民衆の心の中に生きる神様であり、御神徳が高く信仰が非常に多いのであります。
 

リンク集

横浜橋通商店街